一生許せない相手、なのか。

夢を見た。

以下、夢の話


網戸のまま寝ててふと起きたら
窓の外に広がる広場に黒ラブ3頭を連れたおばさん。
窓際にまで足跡。
げ・・・ここまで犬きてたのか・・・って思う私
次の瞬間、おばさんと犬1頭が隣にいる


小声で私に話しかけてきた


おばさん 「家の事、町内で噂になってたのよ」

私 「あれは放火でした」

おばさん 「皆も、そう噂してたの」

私 「目星はついてるんです、ただ、証拠が・・・」



そして、家の者が気づかないうちに帰って下さいって言う私


ラブを連れて帰るおばさんの手を力一杯握って
「相談に乗ってください、誰にも言えなくて」
と震えながら懇願する私





この件で誰かにチカラを借りようとする夢は初めてだ
まだ懇願した時の手の感触が残っている

わたし・・・
すっごいチカラで手を握ってた
話を聞いてくださいって、お願いします、って頭下げてた
[PR]
by uneven825 | 2007-09-22 06:56 | 心の記憶
<< 上書き。 好きなものは好き。 >>